2017年4月10日月曜日

家庭を崩壊させない力

私の家庭は表向きは幸せに見えるだろうけど、蓋を開けてみれば家庭内には色々な問題がある。不満もある。手放しで幸せとは言えないが、形だけは幸せを保っている。

最近、私のブログの応援クリックが多いが、私が家庭内や夫婦間のことを吐露した記事が続いたせいではないかと思う。私のように、表向きは幸せにやっていても、内情は色々と不満のある人が多いのではないか。だから、私の記事に共感してもらえたのではないかと思う。私も、私と似たような環境に居る人は多いのかもしれないと、励まされている。

神様は人を成長させるために、ちょっとだけ負荷をかけるそうだ。何も問題なく平穏無事な環境では人は成長しない。だから力がつくように、問題を与える。筋トレにも負荷が必要なように。

でも、それは決して耐えられないような負荷ではない。人の努力次第では十分耐えられ、更に力も蓄えられるといった、成長には不可欠なものだ。

私の家庭も、家族それぞれに問題や不満がある。しかし、家庭が崩壊せずにやって来れたのは、私の大いなる努力のお陰だし、夫の偉大な努力のお陰でもある。娘も自分の人生を良くするために一生懸命頑張ってきた。それぞれが出来るだけの努力をしたからこそ、家庭崩壊もせずに、今も尚、家庭の機能を維持することが出来ているのだ。

こうして家庭の機能が維持出来て、一番の恩恵を受けているのは、私であり夫であり娘である。それぞれの努力の上でそれぞれが恩恵を受けているのだ。特に夫婦の子供である娘は、家庭が機能している最大限の恩恵を受けていると言えよう。子供の幸せは親にかかっている。

家庭に問題があったり、夫婦がうまくいかなくなれば、離婚すればいいという考えもある。他にもっと良い道があるなら、やり直して新しい道を歩くのも賢い選択だと言えよう。

しかし、一度引き受けた責任を、最後まで全うしようとするのも、ひとつの生き方だと思う。私の結婚相手はベストな相手ではなかったかもしれないが、私は家庭を維持する道を選んだ。それは夫も同じである。

問題や不満があっても、それぞれが努力して、家庭を維持する力を得ることが出来た。そんな力を得られただけでも、私たち家族はみな十分成長してきたのではないかと思う。

表向きだけよくて内部は問題がある。それでも形だけでも家庭が順調に機能している。それってすごいことだと思いませんか?きっとどこの家庭でも似たり寄ったりだろう。

私は自分の恥部をブログで吐きだして、すっきりするということはない。むしろ書きたくはないのだ。でもそんなことでも誰かの励みになるのではないかと思う。そして励みになっているらしいと感じることで、また私も励みになる。みんな似たり寄ったりね、と。

主婦の第一の使命は、家庭を守り崩壊させないことである。家庭を維持する力こそ、主婦の誇りなのだ。そして家庭が維持できることから、主婦も大いなる幸せが得られるのである。ちょっとは不満もあるけどね(笑)。

その負荷があるからこその成長であり、成長があるからこその幸せなのだ。それぞれの形は違うだろうけど、きっと結婚ってこういうものなのではないかと思う。皆さん、頑張っていきましょう。